【生産国】   エルサルバドル

【農園名】   ディピナ プロビデンシア農園

【生産者】   ロベルト ウジョア

【地 域】   アワチャパン県
        アパネカ カントン バロ カンパーナ

【品 種】   SL28

【精製方法】 ウォッシュド

【その他】   標高1,550m~1,830m
        2018年カップ・オブ・エクセレンス11位 
Copyright (C) 2015 FRESCO COFFEE ROASTERS, All right reserved
個人情報について
特定商取引表示

200g 1,600円(税込)

400g 2,800円(税込)

EL SALVADOR
  MONTESION
ディピナ プロビデンシア農園はグァテマラとの国境近くのカントン パロ カンパーナ地域に

位置しています。この地域で栽培されたコーヒーはサンタアナ火山がもたらす肥沃は火山

灰土壌の下、素晴らしいフレーバーを醸し出します。また、コアテペケ湖からの穏やかな

風と降雨量などの微気候がチェリーの生育に好影響を及ぼしています。

生産者のロベルト ウジョア氏は荒れ地同然であったディピナ プロビデンシア農園を13年

前に購入し、小規模ながら国内屈指の農園へと変貌させました。

同農園では伝統的な栽培方法を継承しつつ、様々な取り組みを積極的に行っています。

今回のロットはケニア産の品種であるSL28を栽培したものです。
・エルサルバドル SL28
  ディピナ プロビデンシア